キバコ

名称未設定のアートワーク.png

-はじまり-

北海道札幌市、

全面道路との高低差3mという傾斜地に建つ住宅。

60坪程度の小さな敷地に車二台、家族四人が暮らす空間。

そして風致による規制で敷地後退距離を取らなければならない。

敷地には木々が植わっていて、これも残したい。

そして傾斜地。難解な土地だった。

けれど札幌の街を見下ろす眺望と豊かな緑が魅力的で、

この魅力を最大限活用し、土地の特徴を殺さず付き合っていくには

どのような形態を求められているのか、

この計画はその解を形にしていく作業となった。

傾斜地を空間として有効に利用することを考えたとき、

3mの高低差をそのまま内部の空間構成に落とし込むこととした。

各フロアを明確に分けるのではなく、空間ごとに高さを変え、

その高さが違うフロアを繋ぎながら徐々に上層階へと結んでいく。

壁や扉で仕切らずに段差を利用して空間を分離することで、

面積は小さくとも広々とした内部空間を実現した。

[ 1層 ] 閉じた空間 │​ 主寝室

 階段を下っていく・降りていくという感覚は、自身の気持ちも静まるように感じる。

 空間に対しても、降りていくという動作をひとつ挟むことでその空間に少しだけ静けさが生まれる。

 南東側採光により寝室に朝日を取り込み、​朝の清新な太陽光を室内へ取り込む。

[ 2層 ] ほどよく開放的な空間 │ 玄関・エントランス・水廻り

 玄関から室内に入った時、視線の先の背丈ほどの大きな窓には植栽が映り込む。

 植栽は、緑の瑞々しさを内部へ導くと同時に、外部からの視線を遮る。

[ 3層 ] 開放的な空間 │ キッチン・ダイニング・子供部屋

​ ダイニングはキッチン・子供部屋を繋ぎ、階段を介しエントランス、リビングに開放されている。

 3.3mある天井高が広がりのある空間をさらに開放的なものとしている。

 キッチンと子供部屋の間にダイニングを設けることで、

​ 家事をしながら子供達とコミュニケーションができる。

[ 4層 ] ほどよく開放的な空間 │ リビング

 ダイニング・キッチンと一体空間となっており、

 面積は12帖だが、それ以上に広々とした印象を与える。

 さらに、ダイニングより床が60cm上がり、天井高が2.4mに抑えられている為、

 ダイニングに比べ落ち付いた印象を与える。解放的かつプライベートな空間。

敷地周辺にはたくさんの緑が見受けられた。

敷地周辺の緑と、傾斜地から望む札幌の街並みを

ひとつひとつ丁寧に建築に落とし込んでいくことで

いくつものシーンが生まれ、小さな建築の中に多様な空間が現れる。

「小さい」ことがネガティブに捉えられることもありますが、

「小さい」ことをひとつの個性として捉え

その他の敷地条件と同じように工夫を重ねる。

そのプロセスが、豊かな空間を形作るのだ考えています。

-スキップフロア-

-窓-

2.png

1層 / 主寝室

​ 静かで落ち着いた空間

2層 / 玄関・エントランス・水廻り

 外部の景色を取り込みつつ

​ プライバシーを確保した空間

3層 / キッチン・ダイニング・子供部屋

​ 各室に通じており開放的な空間

 コミュニケーションの中心となる

4層 / リビング

 開放的だがプライベートで

 落ち着きのある空間

2.jpg
1.jpg
4.jpg
2-2.jpg